岡野純子 オフィシャルウェブサイト

ご連絡はこちらから Tel&Fax 047-318-9141 ご連絡はこちらから mail

プロフィールprofile

1978年6月10日京都市生まれ。映画村と広隆寺で知られる太秦で育ちました。見た目も中身も今とほとんど変わらず、「じゅんちゃんはいつも笑ってるね」と言われるように明るく、男の子とケンカをする程に勝気な女の子でした。

また、幼い頃から、とにかく"文字"や"言葉"に興味があり、読書好きはもちろんのこと、「祇園精舎」や「寿限無」、「外郎売り」などを暗誦するのが趣味という変わった子供でもありました。

その後、同志社女子中学、そして同志社女子高等学校に進みました。世話焼きなところも今と変わらず、中高6年間は、学級委員長や生徒会などを務めました。
みんなでアツく燃えた合唱コンクール、博士役を演じたページェント…京都御苑の隣にある学校で、友達と笑い転げた毎日は、今でも大切な宝物です。

そして、同志社大学文学部英文学科に進学。アメリカ文学を専攻しました。カナダ・バンクーバーへ短期留学した時にロッキー山脈に登ってその雄大さに度肝を抜かれ、その後、趣味で始めたパラグライダーで、これまた雄大な景色に圧倒されたことで、小さなことでクヨクヨしない今の性格が培われたように思います。

好奇心旺盛な性格を活かすべく、大学に通いながら、アナウンススクール《生田教室》にダブルスクール。故・生田博巳先生は非常に厳しく、帰り道で泣くこともしばしば。しかし、愛情に裏打ちされた厳しさで、ここでも大きく成長させて頂きました。

卒業後は、NHK松山放送局に入社。アナウンサーとしてニュースやリポートを担当しました。もともと緊張しやすい性格のため、初鳴き(初めて声を電波に乗せること)の生中継は伝説になるほど噛みに噛んで、散々たるものでした。

デジタル化を控え、人も経費も不足する中、"なんでも屋"となり、仕事の大半は取材や編集など、アナウンスメント以外の業務を担いました。中でも取材先との対話には最も時間を費やし、多くの声を聞いてきました。しかし放送されるのはもちろんごく一部、そして最後は「なんとかせねばなりません」、「みなさんはどうお考えでしょうか」など、問題提起で〆られます。もちろん問題提起によって世論へ問いかけることにこそ意義があると、当時は考えていましたが、同時に、直接的な解決ができない歯痒さの様なものも感じていました。今思えば、これが政治を志す芽のようなものになったと思います。

大学の先輩である夫との結婚を機に退職。2009年3月に娘が生まれました。3600gと大きい赤ちゃんで、3日がかりの超難産でした。最後、1分半間隔の陣痛が9時間続いた時は生き地獄だと思いましたが、赤ちゃんを胸に抱いたら、一転、天国に変わるのですから、子どもとは不思議なものです。

自らが育児をする中で、「公民館に授乳室があったらいいのに」「一時保育は予約が取りにくいな」など、育児支援への改善点を感じることが増え、ママ友たちと話すうちに、この声を市政に届けようと一念発起。長女が1歳の時に前回の市議会議員選挙に出馬しました。
2448票頂戴し、3位当選。それからは子育て世代の声をひたすら市政へと届ける4年間でした。
そんな中、議員4年目の昨年4月、第二子を出産。浦安市議会において現職議員の出産は初めてのことでした。
産休などの制度はありません。うまれてすぐの我が子を撮ろうとスマホを分娩室に持ち込んでいたところ、産後2時間経った時に市民相談の着信が。私の産休は2時間でした。
床上げが済まない時期の議会を休んだところ、様々な批判もありました。この街に残る旧来型の価値観から来る言動が、何度も私の胸に突き刺さりました。これは浦安に限らず日本に長い間はびこってきた価値観でもあります。
制度を確立させ、同時に社会の意識も変えて、女性が自分らしく生きられる社会を実現すること、これは私の、もうひとつの使命だと思っています。

2期目の途中、当時の松崎秀樹前市長が千葉県知事選挙に出馬することに伴い、浦安市長選挙に出させていただきました。

それまで市議として活動する中で、定数21人の一人に過ぎない立場では実現させたくてもかなわないことが多く、自分がいかに非力かと痛感することもしばしばありました。ですから「いつかは市長を目指そう」という思いを議員になった早い段階から持っていたのは自然なことだと思っています。結果を出すことは出来ませんでしたが、浦安に伝わる古き良き文化を尊重しつつ、この街を政策的にも価値観の上でも都市間競争に勝ち抜ける先端の街として発展させていきたい、その思いは今も弛まずに持ち続けています。

その後、衆議院議員選挙への声がかかりました。市議をやっていた頃「国の法律の壁、自治体権限の限界」に悩んできた私にとって、現場の声を国に届けるチャンスだと気持ちが高揚したものの、あえなく落選。2度の敗戦を経て、一度政治から離れて民間企業に身を置くことにしました。距離を置いて感じたのは、やはり私にとって政治は他と比較出来ないやりがいのある仕事だということです。

私は市議として働いた2期の間、何回か万感の込められた「ありがとう」という言葉をもらいました。
あの「ありがとう」には中毒性があります。
今回、再び市政に携わりたいと思った動機は、綺麗な言葉で言うのなら「みなさんのために働きたい、私に投げかけられた悩みを解消してあげたい」という気持ちですが、それは一方で、他では得られないやりがいや生きがいを感じたいという私自身のためでもあります。あの「ありがとう」のためなら人生を賭す価値がある仕事だと。これがしばらく現場から離れて「政治」というものを見た私の結論です。

みなさんのために、そして自らの生きる道をここに定めたため、今回の再び政治の世界に戻る気持ちを固めました。

ここまでが私の半生です。この先も私の政治家としての思いを続けて綴れるように、どうぞ、皆様のお力をお貸しください。

  • ブログ
  • facebook
  • JunkoOkanoサポートクラブ
  • チャレンジ25